ガラコめちゃ見えプロジェクト

TPチェッカー装着!

  • 2015.05.28 Thursday
こんにちは、
今日も昨日に引き続き、ガラコワゴンのお話を。

6月の新東名高速道路 浜松サービスエリア(上り線)の販売イベントを皮切りにスタートするガラコワゴンの旅、途中でどのようなトラブルに見舞われるかもわかりませんので、メンテナンスは大事です。

走行距離が増えますので、タイヤのコンディションチェックはとくに重要!

ということで、長距離ドライブに備え、ソフト99のグループ会社「株式会社オレンジ・ジャパン」TPチェッカーを装着しました。




TPチェッカーとは、自動車のタイヤの空気圧を常時監視する装置で業界的には、
TPMS(Tire Pressure Monitoring System)と呼ばれており、タイヤの内部に送信機を内蔵したセンサーを設置し、そのデータを無線でコントロールユニットへ送ることで、走行中でもタイヤ空気圧と温度を常時モニタリングし、設置した空気圧、温度より超過したり低下したらドライバーに警告で知らせてくれるものなのです!!

タイヤの空気圧や温度が適正値から大きく離れるとタイヤのバーストなど走行中の安全性に大きな問題が生じますので、それを事前の察知して、未然にタイヤのトラブルを防ぎ、車の安全性を向上させるのです。


早速ソフト99オートサービスで装着。

ガラコワゴンからタイヤを外し

KIMG0451.JPG


ホイールからタイヤを外し




バルブを外し




TPチェッカーのセンサーを装着




これを4輪とも実施。
あとは、シガーソケットから電源をとってワイヤレス受信機を装着すれば完了。

エンジンをかければ、ジャジャーン。
ガラコワゴンのタイヤ1輪ごとの空気圧と


タイヤの温度が表示されました!


どんどん準備が進んできましたギザギザ
出動が待ち遠しい今日この頃です。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ページトップ